金融>SWIFT電文の話


元々@欧米
送金業務・証券取引などそれぞれで通信メッセージを定義
→統合・標準化→国際規格ISO20022(通称UNIFI)

@欧州
SEPAMiFIDと別に小口決済、投資信託等でUNIFI化傾向
証券業界でもSTP化のためにISO20022化傾向

@米州
Web経由企業間決済でUNIFI化傾向


@SWIFT≒国際送金→まあまあ標準化傾向
営業開始以来、パケット交換用のX.25プロトコル・ベースの通信サービスを提供
→通信電文形式SWIFT FINの発展
後にIPベースの通信サービスを提供
→通信電文形式SwiftMLの導入(XMLベース)

 @銀行系電文形式歴
  SWIFT FIN -> ISO8583 -> SwiftML -> IFX -> TWIST XML -> ISO20022

 @証券系電文形式歴
  ISO7775 -> FIX -> ISO11521 -> ISO 15022 -> FIXML -> FpML -> RIXML -> MDDL

一方、

@国際送金→各国独自電文形式だった
XMLの登場で標準化概念誕生



金融業務の主要XML標準通信電文形式
 銀行系
  SwiftML: 送金など
  IFX: ATM、リテール、バンキング
  TWIST XML: 外為、マネーマーケット
 証券系
  FIXML: 証券売買、注文・約定
  FpML: デリバティブ取引
  NewsML: ニュース配信
  RIXML: 企業分析、情報配信
  MDDL: 市場データ交換

他に
XMLLifeが生命保険取引、ACORD XMLが損害保険取引など


ISO20022
ISO15022の後継規格
銀行・証券、分野問わず金融業務全般に渡る相互運用性の向上に一役
Universal Financial Industry Message Scheme=UNIFI
具体的なメッセージフォーマットは規定しておらず
その登録手続きを規定したもの
登録されたフォーマットはレポジトリに格納される
また、電文はXMLの構文(Syntax)規則に遵守すること
ユーザ間でその構文を共有して共通の意味体系(semantics)が成立する
例外処理省力化で送金業務のSTP化も期待される
XMLの形式定義はスキーマ言語(Schema Language)が用いられる
DTD、RELAX NG等あるがISO20022はXML Schemaを使用する
電文生成にはMDDを採用


MDD
Model Driven Development
モデル駆動開発
特にOMG(Object Management Group)が標準化したモデリング技法で実現される手法はMDA(Model Driven Architecture)と呼ばれる


ISO20022通信電文開発担当組織
RMG、SEGs、RA

RMG
Registration Management Group
登録管理グループ

SEGs
Standards Evaluations Group
標準評価グループ
更に業務分野別に細分化される
-Payment SEG
-Securities SEG
- FX SEG
-Trade Services SEG

RA
Registration Authority
登録機関
実際のレポジトリ管理組織



SEPA
欧州小口決済インフラ統合プロジェクト
Single Euro Payment Area

IST Harmonisation
米州企業間決済電子化プロジェクト
Internationa Standards Team for Harmonisation

SEPAとIST Harmonisationの統合で同意
電文にISO20022



*デファクトスタンダード
defacto standard
公的な標準化機関が各コンセンサスの元で制定する標準をデジュール標準de jure standardといい、標準を巡る競争を経て事実上決定される標準をdefacto standardという。

*STP化
Straight through processing
標準化された通信電文形式でシステムを連動させ取引の約定から決済まで人手を介さずに行うこと

tag:
ISO200200 SEPA MiFID SWIFT XML

ref:
金融業務で利用冴える通信メッセージの国際標準化動向
XML標準ISO20022(UNIFI)による統合化の動き
森毅, IMES, BOJ, 日本銀行金融研究所, 2007

tag : ISO200200 SEPA MiFID SWIFT XML

2014-08-16 11:08 : 金融 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud