[旅][ES] スペインワイン

■免税範囲
760ミリリットル3本

■買うなら
赤ワインは10ユーロ前後以上、白は5ユーロ以上のものが無難

■種類
□シェリー酒
スペイン南部のヘレス・デ・ラ・フロンテーラやサンルーカル・デ・バラメダの街などで、生産される強化白ワイン。
シェリー酒のなかでも、フロールという酵母の膜が表面にできるために酸化が防がれる、繊細な風味で辛口のフィノやマンサニージャから、
真っ黒な色合いでまったりとした甘口のペドロヒメネス、アルコールを添加した辛口のオロロソなど、種類は豊富。

□カバ
大抵シャンパーニュ方式で作られる、スパークリングワイン。
最近はピノ・ノワールやシャルドネ種のぶどうを使うカバも増えたが、基本はマカベオ、パレジャーダ、シャレッロという3種のぶどうをブレンドしたもの。
糖分で分別される
0~6gのブルット・ナトゥレ(Brut Nature)
15gまでのブルット(Brut)
17~35gまでのセコ(Seco)
50gまでのセミ・セコ(Semi Seco)
50g以上のドゥルセ(Dulce)
30ヶ月以上熟成されたものはグラン・レセルバ(Gran Reserva)とラベルに表記される
最も格上なのは、ブルット・ナトゥレのグラン・レセルバ。

□赤ワイン
最も一般的なワイン。
リオハ地方とリベラ・デル・ドゥエロ地方のものが品数も多く、スペインの赤の典型的な品種として知られるテンプラニージョ。
ティンタ・フィナ、ティンタ・デ・パイス、ウル・デ・リェブレ、センシベルなど、様々な名前で呼ばれる。
最近は、カベルネ・ソービニョンなどインターナショナルな品種のワインも増え、地域によっては、ブレンドものが主だったり、他の土着品種のワインがメインだったりする。

□ロゼ
赤ワインが重たく感じるなら、ロゼがおすすめ。リオハ地方の隣のナバラ地方は良質なロゼの産地です。グレナッシュ種(スペインではガルナチャ)が伝統的な品種ですが、最近はカベルネ・ソービニョンやメルローのものもよく出回っています。

□白ワイン
海に囲まれ、シーフードをよく食べる国なので、赤ワインに比べると安価で良質な白ワインが多いです。地中海の太陽の恵みをたくさん受けた、香り豊かでフルーティな明るい感じの若いワインから、樽で熟成させたり、発酵させた一癖あるタイプまで様々。スペインの白ワインで最も高く評価されているのは、リアス・バイシャス地方のアルバリーニョ種のものと、ルエダ地方のベルデホ種のもの。

□チャコリ(微炭酸白ワイン)とシードル
北部のバスク地方でよく飲まれる微炭酸白ワインのチャコリと、シドラ(日本では「シードル」の呼称が一般的ですよね)と呼ばれるリンゴ種は、残念ながら、その産地でなければ良質のものに出会えません。バスク地方に行かれる場合は是非お試しを!

□デザートワイン
スペインのレストランで食事をするなら、是非最後のデザートまでしっかり楽しみたいもの。もしお腹がいっぱいでデザートが食べられなくても、デザートワインだけオーダーすることもできます。最もポピュラーなのは、モスカテルと言うマスカット種で作るぶどうの風味がさわやかなワイン。チョコレート系のデザートに合わせるなら、濃厚なペドロヒメネスがぴったり。

□ブランディーなど蒸留酒
レストランや家庭で、食後に飲む人が少なくないのが、ブランディー・デ・ヘレスというシェリー酒の蒸留酒や、オルホという、ブドウの皮の蒸留酒。消化を促す機能があるとされています。

■格付け

□VINO DE PAGO (ヴィノ・デ・パゴ)
格付けのトップ
他と異なる際立ったテロワールの特定の畑に与えられる称号

□DOCa (デーオーセーアー)
デノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダの略
DOから昇格が認められた地域

□DO (デノミナシオン・デ・オリヘン)
地域内で栽培された認可種を使った、厳しい審査で原産地呼称委員会に認められたワイン
高品質ワインの中の最低限の基準をクリアしているという、太鼓判のようなもの

□VINO DE CALIDAD CON INDICACION GEOGRAFICA (ヴィノ・デ・カリダ・コン・インディカシオン・へオグラフィカ)
2003年に新しくできた格付け
ヴィノ・デ・カリダと省略して呼ばれることが多い
ヴィノ・デ・ラ・ティエラのワインよりも基準が高く、ただ単にDOの認定種を利用していないから、などの理由でDO入りしていない最高品質のワインも多い

□VINO DE TIERRA (ヴィノ・デ・ティエラ)
カントリーワイン
地域名が表記されたテーブルワイン

□VINO DE MESA (ヴィノ・デ・メサ)
テーブルワイン
品種や生産地の規定も表示もないワイン

■産地

□赤ワイン
北部のリオハ地方
 樽熟成
中央部よりちょっと北寄りのリベラ・デルドゥエロ
 王室ご用達ワイナリー「ベガ・シシリア」などがある
 リオハと人気を争う
 リオハと比べると、やや濃厚なワインが多い傾向
北東部のプリオラット
 90年代から高級ワインを生み出す産地として定着した地方
 アルコール分が高く、タンニンが強めのポテンシャルなワインが特徴
中央部のカスティーリャ・イ・ラマンチャ地方
 生産量を誇る地方
 安価で飲みやすい若いワインが多い

□白ワイン
北西部ガリシア地方のリアス・バイシャス地方
 アロマティックでほどよい酸味がエレガントなアルバリーニョ種のワインを生産する
中央部の少し北部にあるルエダ地方
 青草のような香りとキリッとした味わいでアルバリーニョ種と並んで高貴なぶどうとされるベルデホ種のワインを作る

□カバ
北東部のペネデス地方。
 地中海の温暖な気候のため、フルーティで快活な印象

tag : ES spain wine

2012-09-30 21:49 : ├ 欧州 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud