ウイルス療法@臨床研究

がん細胞にヘルペスウイルスを感染させ、ウイルスが増殖してがん細胞を死滅させる癌治療方法。


対象は悪性脳腫瘍の一種で悪性の膠芽(こうが)腫(グリオブラストーマ)。

東京大の藤堂特任教授らは、口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス1型を利用。3遺伝子を改変し、がん細胞だけで増殖するようにした。このウイルスをがん細胞に感染させると増殖して感染したがん細胞を死滅させ、増殖したウイルスはさらに周囲のがん細胞に感染、次々と死滅させる。正常細胞に感染しても増殖しない。

ref:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090823-00000009-fsi-bus_all
2009-08-30 01:41 : -----temp----- : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud