検査例外と実行時例外

■Javaの例外種類
-検査例外
-実行時例外
ざっくりコンパイルエラーなるか、ならないか、の違い。

■検査例外
Checked Exception
親:java.lang.Exception
throws:必須
try-catch:必須
例外の発生と捕捉が必ずチェックされる例外。
投げる側は、throwsし、呼び出す側は、try-catchする。
反すれば、コンパイルエラー。
例:
-SQLException
-RemoteException
-ParseException
-IOException

■実行時例外
Runtime Exception
親:java.lang.RuntimeException
throws:任意
try-catch:任意
実行ランタイム(=JVM)で発生する例外。
通常は発生してはいけないような実行ランタイムの異常状態を表現するための例外。
投げる側も、呼び出す側も、throws/try-catchの必要はない。
例:
-IllegalArgumentException
-IndexOutOfBoundsException
-NullPointerException
-ClassCastException
-BufferOverflowException
-MissingResourceException

ref:
http://blogs.msdn.com/nakama/archive/2009/01/09/net-java.aspx
2009-04-16 22:29 : __lang__java : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud