AOP

□Proxy
Proxyの生成方法
ProxyFactoryBeanを使う
autoproxyを使う
 →コンテナがロードされた時に自動的にAOP Proxyが作成される
  仕掛け
  コンテナがBeanのインスタンスを作るたびにコールバックされるBeanPostProcessorのメソッドを利用
  そこでBeanをいろいろと細工→ProxyFactoryに食わせてる?

autoproxy
autoproxyの使用方法
autoproxy createorを使う
②ソースレベルのメタデータを使う

autoproxy creator
autoproxy creatorの使用方法
autoproxy(AbstractAutoProxyCreator)の実装クラス2つあり
BeanNameAutoProxyCreator
 指定された名前(要素のid属性やname属性)のBeanに対してAspectをWeavingしてくれるautoproxy creator
 →多数のBeanに対して1つ以上のmethodInterceptorを適用できる
 ProxyFactoryBean同様、interceptorNamesというpropertyに 適用させるAspect(interceptor/advice)を指定する

DefaultAdvisorAutoProxyCreator
 eXtreamでpowerfulなautoproxy creator
 BeanにマッチするPointcutを片っ端から適用する
 マッチするものが無い場合 targetのBeanはプロキシされない
 # SpringのPointcutは、ClassFilterとMethodMatcherから構成されるからできること
 →target毎に要設定?
 ※DefaultAdvisorProxyCreatorで適用できるのはAdvisorだけで Interceptorはダメ!
 (InterceptorはAroundAdviceでPointcutを持っていないから)


ref:
http://d.hatena.ne.jp/koichik/20040413

tag : autoproxy ProxyFactoryBean AbstractAutoProxyCreator BeanNameAutoProxyCreator DefaultAdvisorAutoProxyCreator

2008-04-17 00:38 : __fw__spring : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud