for a better performance

サンプルを実行する前のメモリ設定変更

日本語環境でサンプルを実行するとメモリ不足が起きて Liquid Data の動作が不安定になることがある。サンプルを実行する前に以下の手順でメモリ環境を変更すると改善される。
Windows の場合:

1. BEA_HOME\weblogic700\liquiddata\samples\config\ld_samples\startWebLogic.cmd (C:\bea\user_projects\domains\base_domain\bin)をテキストエディタで編集。
2. set MEM_ARGS=-Xmx256m の行を set MEM_ARGS=-Xms128m -Xmx256m -XX:MaxPermSize=128m に変更。
3. ファイルを保存。

tag : WebLogic

2007-04-25 01:01 : SETUP : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud