[開発] 描画モード & DOCTYPE宣言

標準モード
できるだけ文法を正しく解釈して表示。
標準モードでは大文字・小文字が区別される
文法ミスがある記述は無視。

互換モード
古いバージョンのブラウザに合わせた表示。
古いバージョンで誤って解釈していた部分は、誤ったままで表示。
文法ミスがあっても適当に解釈して表示。

□how to change the mode?
HTMLの1行目に「DOCTYPE宣言」(ドックタイプ宣言)
==ex==
<'!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

DOCTYPE宣言
使用するHTMLのバージョン示すもの。
HTMLには複数のバージョンがある。
※最新はHTML4.01
HTML4.01の後継はXHTML
XHTMLの最新はXHTML1.1
標準モードとして解釈される場合
・正しくHTML 4.01以上のバージョンのDOCTYPE宣言を書いた時
互換モードとして解釈される場合
DOCTYPE宣言がない時
DOCTYPE宣言が正しくない時

□way to def
互換モード
==ex==
<'!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
・HTML 4.01 Strict:
「非推奨」な要素や属性を一切使わないで記述したHTMLであることを示すDOCTYPE宣言
==ex==
<'!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

・HTML 4.01 Transitional
HTML4.01で定義されている要素や属性のうち、「非推奨」となっているものも含めて利用しているHTMLであることを示すDOCTYPE宣言
==ex==
<'!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

XHTML 1.0~1.1
XHTMLのDOCTYPE宣言なら どのバージョンでも標準モードで描画される
==ex==
<'!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
(its for XHTML 1.1)
※XHTMLを使う場合は、DOCTYPE宣言の前にXML宣言が必要。

tag : HTML XHTML DOCTYPE 互換モード 標準モード

2007-07-06 23:49 : 開発 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud