[開発][JMS] ActiveMQ Broker な話

apache-activemq-5.14.1

■ Running an ActiveMQ Broker
組込Brokerを使いたい場合は「How do I embed a Broker inside a Connection」参照

先ず、ActiveMQ Brokerの実行
cd C:\apache-activemq-5.14.1\bin
activemq console

次に、brokerの挙動を指定。方法は3つ。推奨されるのは Broker XBean URI。

- Broker Configuration URI での指定
  e.g.
  activemq console broker:(tcp://localhost:61616,network:static:tcp://remotehost:61616)?persistent=false&useJmx=true

- Broker XBean URI での指定
  e.g.
  activemq console xbean:foo.xml

- Broker Properties URI での指定
  e.g.
  activemq console properties:foo.properties

 ref.
 http://activemq.apache.org/broker-xbean-uri.html

Web ConsoleでActiveMQの監視
 http://localhost:8161/admin
 admin/admin

以下の場合は、本家サイト参照
- brokerをServletエンジンで実行させる場合
- brokerをJ2EEアプリサーバで実行させる場合
- brokerをソースコードで実行させる場合
- brockerをmavenで実行させる場合

brokerのfailover時に、brokerが自動でdetectして再接続するようにする為には、
 URIを以下のように変える
 failover:tcp://host:port
 ref.
 http://activemq.apache.org/configuring-version-5-transports.html

ref.
Running an ActiveMQ Broker
http://activemq.apache.org/version-5-run-broker.html

■ Broker XBean URI での指定方法
対象のフォルダの在り処
C:\apache-activemq-5.14.1\conf\activemq.xml

ActiveMQ ver5.3 以降のものには KahaDBが推奨される

AMQ Message Store とは
ActiveMQ ver5+ にあるデフォルトのストレージ。
組み込み式トランザクションが張られたメッセージの処理に有用
メッセージのコマンドは、transaction journalに書き込まれる
deta logとして残す事で、メッセージを永続化している。=default kaha

□ 設定
デフォルトでは、AMQ Store が使用されるが、永続化などamqPersistenceAdapterで設定変更可能
e.g.
<'broker brokerName="broker" persistent="true" useShutdownHook="false">
  <'persistenceAdapter>
    <'amqPersistenceAdapter directory="${activemq.base}/activemq-data" maxFileLength="32mb"/>
  <'/persistenceAdapter>
  <'transportConnectors>
    <'transportConnector uri="tcp://localhost:61616"/>
  <'/transportConnectors>
<'/broker>

tag : ActiveMQ Broker JMS activemq AMQ

2017-07-13 21:32 : 開発 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud