[雲田はるこ] 昭和元禄落語心中



雲田はるこ / 昭和元禄落語心中

★★★★★
寄席に行きたくなる
描写が巧妙

逃げ恥ぶりのヒット
共通点は中身がある事と描写が至極自然で引き込まれる事
特に昭和元禄落語心中の方は登場人物の表情の描写も素晴らし過ぎる
単純な線なのに、皆がピタリとその心情を現した顔をする

漫画は数多あるけど中身がある漫画は極一部
漫画を描く事を極めるだけでも大変な事
その上で話がある作品に仕上げるにはその傍らで取材に身を注がなければならない
物語構成力も無論必須能力だが、その材料ともなる取材
佐藤秀峰も言及してたけど、取材は不可欠
少女漫画の多くは設定なりのアイデア勝負
矢沢あいなど描写力が秀でて漫画家は名も飛び出るが、その数多に埋もれる

一のアウトプットには十のインプットが要る
十を得ずして出した作品に人は惹きつけられない。少なくとも後に残らない
この作品には十のインプットがある
落語の世界が良く見える
江戸を生きた落語家が自身の自伝を語っているかのように曖昧さがないから読み手も突っかからない
傑作。

プラス、この作品は日本語を理解できる喜びを感じさせてくれるね
言語が面白いのはやはりその言語を知ってる人にしか感じられない美しさが見れるところ
寄席に行きたい!


この作品は、最早で何才から理解できるやろ?


■ 1巻 @20170301
稽古をつけたるゆうて一階の縁側で小夏与太に出来心を耳にしながら二階の窓辺で八雲が読み物に耽る風景の平和なこと!
額に入れて飾りたいね

あと、
与太チンピラ時代の兄貴を退治する八雲
格好良過ぎるやろ
与太やなくても惚れるわ

■ 2巻 @20170302
破門しない条件に八雲与太に言った条件が泣ける
真打になる事
助六の代わりを務めること
八雲より先に死なないこと

■ 3巻 @20170302



# これ、何なんやろ?DLできちゃうのかい?(´・ω・`)
http://www.zip-rar.com/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%85%83%E7%A6%84%E8%90%BD%E8%AA%9E%E5%BF%83%E4%B8%AD/

tag : 昭和元禄落語心中 雲田はるこ 八雲 与太 小夏

2017-03-01 16:52 : ├ 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud