[開発] Hyperledger Fabric Starter Kit を Vagrant 使わずに動かす-環境整備編(Docker除く)

1
ショッチュウ叩くコマンド
export GOPATH=$HOME/gows
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

2
AzureでOS環境整備
構成:
新規>Virtual Machines>Ubuntu Server 16.04 LTS>(デプロイモデルの選択) クラシック>作成
>1基本
名前:VM01
ユーザー名:Azureログインのユーザ名
認証の種類:パスワード
パスワード:ターミナルでログインする時のパスワード
リソースグループ:新規作成:VM01
場所:米国東部
>2サイズ>すべて表示>A2 Basic>選択
>3設定>OK
>4概要
https://portal.azure.com/#blade/HubsExtension/Resources/resourceType/Microsoft.Resources%2Fresources

3
CLIのインストール(ローカル環境に)
Tera Term/SuperPutter
* CLI=Command Line Interface, SCP=Secure Copy Protocol
* ref: http://www.moongift.jp/2011/10/20111011-2/

4
Gitのインストール
バージョン管理ツールのインストール。
//* Azure/Ubuntuにはデフォで入ってる筈 *//
★sudo apt-get install git

Git自体のバージョン確認
★git --version
|user1@VM01:~$ git --version
|git version 2.7.4

5
Goのインストール
インストールの既存するか確認
★go version
|user1@VM01:~$ go version
|go version go1.6.2 linux/amd64

ルート権限にしてインストール
★sudo su
★apt-get update && apt-get install golang
★exit
|user1@VM01:~$ sudo su
|root@VM01:/home/user1# apt-get update && apt-get install golang
|Hit:1 http://azure.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial InRelease
|Hit:2 http://azure.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates InRelease
|Setting up pkg-config (0.29.1-0ubuntu1) ...
|Setting up golang-1.6-race-detector-runtime (0.0+svn252922-0ubuntu1) ...
|Setting up golang-race-detector-runtime (2:1.6-1ubuntu4) ...
|Processing triggers for libc-bin (2.23-0ubuntu3) ...
|root@VM01:/usr/local# exit
|exit
|user1@VM01:/usr/local$ go version

作業フォルダ(workspace)の作成
どうゆう名称のフォルダを何処に作ろうと自由。
★mkdir gows
|user1@VM01:~$ cd $HOME
|user1@VM01:~$ pwd
|/home/user1
|user1@VM01:~$ mkdir gows
|user1@VM01:~$ ls
|gows

6
環境変数の設定
★export GOPATH=$HOME/gows
★export PATH=$PATH:$GOPATH/bin
※ GOPATHは必ずGo treeの外に設けること。=GOROOTとは異なる値となる

環境変数の確認
★printenv
|user1@VM01:~$ printenv
|XDG_SESSION_ID=3
|TERM=xterm
|SHELL=/bin/bash
|SSH_CLIENT=202.225.5.123 21021 22
|SSH_TTY=/dev/pts/1
|USER=user1
||LS_COLORS=rs=0:di=01;…;36:
|MAIL=/var/mail/user1
|PATH=/home/user1/bin:/home/user1/.local/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games:/usr/local/games:/snap/bin:/home/user1/goworkspace/bin
|PWD=/home/user1
|LANG=en_US.UTF-8
|SHLVL=1
|HOME=/home/user1
|LOGNAME=user1
|SSH_CONNECTION=202.225.5.123 21021 10.2.0.4 22
|GOPATH=/home/user1/goworkspace
|LESSOPEN=| /usr/bin/lesspipe %s
|XDG_RUNTIME_DIR=/run/user/1000
|LESSCLOSE=/usr/bin/lesspipe %s %s
|_=/usr/bin/printenv
|user1@VM01:~$

7
環境の更新
★sudo apt-get update
//* apt: Linuxでソフトウェアの導入や管理、削除に用いられるパッケージ管理システムの一つ *//
|user1@VM01:~$ sudo apt-get update
|Hit:1 http://azure.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial InRelease
|Hit:2 http://azure.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates InRelease
|Hit:3 http://azure.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-backports InRelease
|Get:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu xenial-security InRelease [94.5 kB]
|Fetched 94.5 kB in 0s (147 kB/s)
|Reading package lists... Done

8
GoでHello World

あとまわし XXX TODO

ref:IBM Hyperledger Fabric, Chainfrog, posted on September 21, 2016

9
ちなみにVagrantは入れない。
Vagrantが使えたら色々と楽な筈なのだが、VargrantはVirtualBox (vBox)の使用を前提としている。
コミッタ達の推奨もこの手段。
が、VirtualBoxはカーネルに触る。一方、Azure上のVM環境からカーネルへのアクセスは許容されていない
→VM環境上からVagrantでのfabric体験は不可。
ちなみに、$GOPATH/src/github.com/hyperledger/fabric/devenv/VagrantfileではDockerの設定やvBoxのインストールなどをゴニョゴニョやってる

tag : Hyperledger fabric Azure CLI Go Vagrant VirtualBox Docker

2016-10-25 00:29 : 開発 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud