[漫画] ちはやふる vol. 3 - 4

vol. 3 chap. 12

学年2位のガリ勉君に入部してもらう為に

千早と太一が札を裏返してゲームする


かるた名人より一緒に続けてくれる仲間が欲しい

太一のその言葉が帰ろうとするガリ勉君を引き止めた。


chap. 13

5人集まり晴れて部成立

部長 太一

秘書 肉まん

記録 ガリ勉

経理 かなちゃん

キャプテン 千早


部活動開始。

が放課後の数時間では足りないと両親留守中の太一宅にて合宿を企画

太一母の思わぬ帰宅でかなちゃんは千早と千早宅へ

その日は千早の誕生日

メンバーがケーキでサプライズ

そこに新からも祝いのメール


chap. 14

全国大会の関東予選

ガリ勉は一勝もできず捨て駒に使われるのが耐えられず会場を去る

次に進む為には4人中3人が勝利が必須

千早にプレッシャーが掛かる


chap. 15

プレッシャーで苦戦するも太一の声掛けで持ち直しどうにか勝つ

ガリ勉も戻り5人で次の北央との対戦に望む


chap. 16

関東予選の決勝戦

Aレベルが二人もいる北央に完全リードを取られる

そこにガリ勉が一枚獲得し空気を変える

千早は個人戦でなくチームの為に一枚を取ると空気を吸う


chap. 17

千早は同数まで追い付く

一方、もう一人の北央Aレベルの対戦相手が肉まん

幼少期を知られる相手からのひとことでペースを崩す。

ふと横で初心者の二人の懸命なすがた見て、もう諦めないと姿勢を変える


vol. 4 chap. 18

所変わって福井県

新が職場のPCで千早からの大量のメールに気付く

5人中肉まん太一千早が勝ち見事全国大会への切符を手にする

新は待ち侘びてたメールを受信する


chap.19

千早は全国大会出場を家族に伝えようとするが一同は姉千歳に首ったけ

新からもレスない


千早の打診でかるた部は白並かるた同好会へ向かったのは千早と太一

他は肉まん所属のクラブへ


親に全国大会の事を言えず滋賀までの旅費をどう工面するか頭抱えてる時に千歳でなく自分のスクラップブックを見つける

中は袴の広告と予選突破の記事


chap. 20

全国大会に向けて只管練習

真剣に取り組むメンバーの姿と

「絶対勝ちたい。でも、百人一首が歌であることは決して忘れたくない。」

というかなちゃんが溢した台詞を聞いた顧問の宮内先生

単なるお祭りという認識を改め自身が近江神宮までの引率を決める


chap. 21

滋賀県近江神宮

参拝して大会に臨む。

一回戦は対佐賀武智高校

第一戦始まるなり千早が体調に不調を感じる


chap. 22

祖父とのやり取りを回想しながら新が近江神宮に到着。

千早を見つける。


chap. 23

試合序盤にて千早が気絶

太一は千早を新に託して試合に戻る。

そのまま緊急に搬送される。


tag : ちはやふる

2016-06-13 15:58 : ├ 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud