[漫画] ちはやふる vol. 1-2

vol. 1 chap. 1

br

綾瀬千早―姉が自分の夢だった小6の主人公

br

綿谷新―転入―イジメ―百人一首世界一が夢

br

“You can't call it your dream if you don't work on it yourself.” (あらた)

(自分の努力を伴わないことは夢ではない)

br

真島太一―教育ママ―負ける試合は勝負するな

br

校内の百人一首大会

タイチがアラタに勝とうあらたの眼鏡を隠す。

見えないアラタに代わってチハヤが決勝戦に。

チハヤがタイチを抑えて優勝。

br

chap. 2

初めての賞状わかるた大会で取得し

家族に自慢するも見向きもされない

それでも誇りに思うことにしたちはや

三人はたいたが見つけたかるた同好会へ

br

chap. 3

そこで三人は原田先生とヒロに出会う

ヒロに売られた喧嘩を買って3対3の勝負に。

タイチに対する新たの信頼、チハヤの聴力の良さが見られる

br

chap. 4

見事勝負に勝ち、かるたクラブに入ることにした3人。

br

「百人の友達を作ると思って百首と向き合いなさい」

br

アラタは福井の祖父の状況を知らされる。

br

小学生で出れる最後のトーナメントへの参加を決意し特訓開始。

雪の中でも百人一首出し合いッコ。お互いがお互いを下の名前で呼ぶようになる。

br

「どんなに得意でもどんなに好きでも友達が居なければかるたは続けられない」

br

そんな折、タイチが難関中学への筆記試験を通過

アラタも卒業したら福井に戻ることを告げる。

一生一緒にかるたできると思っているチハヤに

一生は一緒に出来ないと返す

br

chap. 5

2人が去ることが受け入れられずトーナメントに出ないと一度は宣言するが

太一と新の作ったユニフォームに涙して会場へ

3人揃って大会に挑む。

br

vol. 2 chap. 6

全力尽くすも試合は敗北。

br

小学校の卒業式

千早と太一が翌日引越する新の家へ

最後に3人でかるた

続けれてさえいればまた会えると信じて。

br

chap. 7

かるた友達をたったの一人も作れないまま千早は高校生に。

高校で太一に再会。

かるた部発足の為、千早は賭けに出る

br

一生掛けても新には勝てないと気付いたと言う太一に

それは挑戦してから言いなさいと諭す原田先生

br

chap. 8

見事に勝ち抜き念願のA級になる。

ずっと連絡途絶えてた新に電話するが、かるたはやめたからと切られる。

br

chap. 9

感情任せに二人は福井へ

千早は新の家で新の祖父の他界を知る

br

chap. 10

祖父の死で落ちてた新は

こんな自分見せたくなかったが二人に会いたかった

br

帰りの新幹線で太一は千早にかるた部に入ると伝える。新が必ず戻ってくるから、と。

br

chap. 11

新キャラ―和服屋の娘、かなちゃん

千早 かなちゃんから和歌の世界を学ぶ

千早が和服屋のモデルをやる事を条件に入部

肉まん君(小学校最後の大会で千早の相手した人)も入部

br

vol. 3 chap. 12


tag : ちはやふる

2016-06-08 07:45 : ├ 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud