[雑記] 中国の男女比率の背景

面白いこと聞いたよ

そもそも今時、お見合いなんてする人なんて居るのか?という話題から


中国では今でもお見合いする人が多い

(昔ながらのclosed mindな思考が尾を引いているからな気がするが)

それは中国の男女比が背景にあるそう

中国は女性よりも男性の比率が高く、恋愛相手を見つけられない年頃男性が多く居るという

そこでこぞって合コンに参加するんだとか


では

何故、女性より男性が多いのか

それは何でもかつて欧米人が中国の子供を養子にして自国に連れて帰ってたからで

それが女子ばかりだった為に男性ばかりが中国に残ったという説があるそう

古代より重男軽女な思想にひとりっ子政策も起因して、男子は要るけどに女子は要らないが一段と多く居たのでは、という。


因みに

ひとりっ子政策もなかなかのものだったらしい。

知人家庭は女女男の3人姉弟

2人目が生を受けた時には時代は既にひとりっ子制作の最中

それでも男の子をその両親は欲したらしく政策に背き出産したそう

その対価は大きく、罰金のみならず真新しかった居住までも政府に押さえられたんだとか

三人目が生まれた頃には一家は一文無し状態


では

そんな一文無しでどう生き延びたのか

皮肉にもこれまた時代が自由経営を許した時だったそうでビジネスを初めて生計を立て直したらしい


ちなみに?

それが1997のこと。

それまでは卒業と同時に国が各々に勤務先を命じていたのだとか。

故に別々の地を言われた恋人同士が別れを惜しんで泣く光景が卒業時期の風物詩だったんだって。


脱線

では、あぶれた中国男性が欧米に嫁探しに来たらいいじゃん?

な考えもあるが文化背景の違いから成就はなさそうだね、で一同納得。


2015-10-16 13:19 : -----temp----- : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud