JTA/JTS

JTA/JTS(Java Transaction API、Java Transaction Service)はJ2EEアーキテクチャにトランザクション処理サービスを提供する。

JTA
トランザクション・マネージャがトランザクション処理を行う際に、トランザクションに関与する各種コンポーネント(トランザクション処理を要求するアプリケーション群、J2EEアプリケーションサーバ、RDBMSなどのリソース・マネージャ等)との間で必要となるAPIを定義。
トランザクション・マネージャは、アプリケーションから要求されるトランザクション処理をリソース・マネージャとともに実行し、かつシステムを遮断して確実にトランザクション処理を実行するソフトウェア・サービス。

JTS
JTAをサポートするトランザクション・マネージャの実装の指定がされており、JTSへの準拠にはObject Management Group Object Transaction Service 1.1仕様のJavaマッピングが実装されることになる。
JTSトランザクション・マネージャは、J2EE分散アプリケーションでトランザクション処理を実現するために必要な基本機能を提供する。
JTSに定義されているトランザクション・マネージャの機能は、トランザクション境界設定、トランザクションリソースの管理、同期化、および特定のトランザクションインスタンスへの固有情報の伝播に必要なサービスおよび管理機能など。
JTA/JTSとそれに関連するサービス。網かけ部分がJTAのインターフェイス

※必ずしも両方の実装がが必要なわけではない。


□JTSで定義されるトランザクション・マネージャ
トランザクション・マネージャは、トランザクションの開始と完了を行うアプリケーションプログラムからのコマンドを、それらのトランザクションにかかわるすべてのリソース・マネージャと通信することで調整する。
リソース・マネージャがトランザクション中に失敗した場合、トランザクション・マネージャはリソース・マネージャが保留中のトランザクションをコミットするかロールバックするかを決定するのを支援する。


JTAトランザクション
複数のコンポーネントやリソース・マネージャ間にまたがることのできるトランザクション。
JTAトランザクションをプログラミングによって利用するには、JTAのjavax.transaction.UserTransactionインターフェイスを使用する。

JTAの要素:
1. javax.transaction.UserTransaction
アプリケーションからトランザクションの境界設定やトランザクション管理を実行するためのインターフェイス。
Webアプリケーションや Bean管理のトランザクションを持つEJBで使用。
2. javax.transaction.TransactionManager
トランザクション・マネージャがアプリケーションのトランザクションの境界設定や、トランザクションの管理を行うためのインターフェイス。
コンテナ管理のトランザクションを持つEJBのEJBコンテナが使用。
3. javax.transaction.xa.XAResource
トランザクション・マネージャがXA準拠リソースのリソース・マネージャと連携するためのインターフェイス。

ref:
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/keyword/jkey/jkey05.html

tag : JTA JTS UserTransaction

2007-05-30 01:47 : __lang__java : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud