[旅][US][査証申請] 在日中国人がアメリカへゆく (面接予約編)

■ステップ 8 で 面接予約のカレンダーが表示されずに DropBox Confirmation へ行ってしまう

申請手続きのステップ7では、面接を受けて申請を行なうか、面接を受けずに郵送でビザを申請を行なうかを選択
郵送でビザを申請する資格に該当しない場合は、郵送でビザ申請を行なっても、面接予約を取り直す必要が生じる。
ステップ7の3つ目の質問に「はい」と答え、郵送申請を選択しても最後の質問に「いいえ」と答えれば、面接予約が可能になる。
(那覇領事館で申請を行う方を除く)郵送申請を選択した場合、面接予約をすることはできない。)

ちなみに、電話で予約することも可能
こちらの連絡先は以下の通り。
質問に従って、1-2-1-1の順に押すと、早く繋がれる。
> 日本にお住まいの方―こちらへおかけください。
> 日本0 505 533 2737
> 米国にお住まいの方 - こちらへおかけください。
> + 1 703 520 2233

米国ビザサービスデスク
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/index.html


■受付番号が不正だというエラーメッセージが表示される

オンラインで手続を行う際、ステップ7に郵送申請の資格があるかどうかの質問が設定されている。
そこの質問を間違って選択されると郵送申請になり、受付番号が自動的にロックされる。
受付番号がロックされた後に面接予約に変更するにはサービスデスクより再度担当部署に報告してロック解除の手続を行う必要が出る。
ステップ7の質問を全部“いいえ”に選択されれば面接予約の画面になる。

払い戻しは無い為、誤って申請料を 2 度支払わないこと

tag : 中国 アメリカ 査証 申請 visa US VISA

2014-12-27 10:45 : ├ 北米 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

search

ad



counter


tag cloud

category cloud