[REG] Notes - REG2

REG2
class 1 - 20170226
REGは税法

誰が 何に 誰に
◎Fedralが ◎Incomeに対して Individualに課税する
△State(州)が ○Gift/Estateに対して Partnershipに課税する
Local(市, 群) Property Corporation/Trust/Estate

Unit 1-1.
公平の原則
税負担能力(担税力)
財務会計との違い

IRC, Internal Revenue Code
IRS, Internal Revenue Service

partnership と C corporation の違い
partnership - 他者と一緒にやる ≒ 個人事業主の集まり。
→ 無限責任/unlimited liability
→ 租税主体でない。=double tazation を回避できる

unlimited liability = 個人が最後まで返済さないけん

C corporation
→ 有限責任。
→ 二重課税

税法上の区分: C と S corporation

S Corporation
→ partnershipと同様に租税主体でない

trust
estate

tax authorities
primary autorities
secondary authorites

Unit 1-2.
IRC

Unit 1-3.

税務も基本は発生主義
例外:個人やS Corporationとかは現金主義

actually received or constructively received --> recognize
constructive receipt
hybrid method


Unit 1-4.

tax = tax base x tax rate

総所得 - 控除項目 = 課税所得

Unit 1-5.

calendar tax year
fiscal tax year

short tax year

Unit 2-1.
Gross income; GI
- above the line deductions (AGI より above)
= Adjusted gross income; AGI
- Standard deduction OR Itemized deductions (納税者に有利な方を選択可能)
- Exemptions
= Taxable income; TI
x Tax rate
= Tax//

standard deduction = 概算控除 ○
itemized deduction = 実額控除 ◎

exemption = 人的控除

Unit 2-2.

Form 1040

Schedule A Itemized Deduction
Schedule B Interest and Ordinary Dividends
Schedule C Profit or Loss Form Business
Schedule D Capital Gains and Losses
Schedule E Supplemental Income and Loss

Unit 2-3.

GI
except as otherwise provided in this subtitle, gross income means all income from whatever source derived, including the following items:
compensation for services
gross income derived from business
gains derived from dealings in property
interest
rents
royalties
dividends
alimony and separate mainenance payments
annuities
income from discharge of indebtedness


◎recovery of capital doctrine / 資本不課税の原則

amount realized - basis = realized gain/loss = 課税対象

Unit 2-4.

inclusion = 課税
exclusion = 非課税


Unit 2-5.
Exclusions from Gross Income

minor child support
alimony
property settlement
gifts and inheritances
(excl. gift from employer = regards as 報酬 = 課税対象)

Unit 2-6.

pension
元本部分はbasisになる為、課税対象外
利益分が課税対象
元本割合(原価率)を算出して求める

life insurance proceeds
原則、非課税。
但し、分割分は課税対象。分割分は保険会社が運用してくれるので、総額は利子分が増え、その利息分に課税される。

proceeds 保険金=原則、非課税
premiums 保険料=控除不可

基本、同情するなら金をくれ。同情したるから非課税にしたる。な、感じ。

Unit 2-7.
福利厚生
原則は、現物給与
例外-10こ

団体生命保険は一定額まで非課税。ただし、対50Kまで
e.g.
会社が万が一の時に$80K支払われる保険を会社が掛けてくれた
proceeds: $80K- (=$50K + $30K)
premiums: $80- (=$50 + $30) → 50が非課税で、30が課税される

MSA
病気した時に引き落とされるお金で、会社が積み立ててくれるやつ。小規模な会社に見られる。

meals and lodging

qualified - 色々条件あるけど、満たしてるよ、な表現

adoption expenses - 弁護士費用とかを会社が負担してくれた場合。上限あり

fringe benefits
qualified employee discount = 社割 - 従業員全員が受けれることが条件
working condition fringe = e.g. AICPAの会員費を会社が負担した場合
負担してくれんかった場合は、個人の申告で控除可能。

worker's compensation = 労災

Unit 2-8.
原則は、非課税
例外 - 4つ - 持ち株の比率が変わり得る時

certain interest income - e.g. 地方債の受け取り利息 は非課税 - 地方税の対象内
municipal bonds は課税対象 - 地方税の対象外

Series EE U.S. savings bonds - 学士貯蓄
※ EEやHは違う。

Unit 2-9.

奨学金 - 基本、非課税
ただし、
amounts received as a grant, a tuition reduction or payment for teaching/research/other services are not excludable.

political contributions
rental value of parsonage, minister
discharge of indebtedness - 借金がチャラになった=儲かった → 基本は儲かってるから課税対象
cost of leasehold improvements made by a lessee (昔は課税対象やったらしい)

Unit 2-11.
課税対象になるもの

対価がpropertyの場合は、受領日のFVに課税される
property received as compensation is included in income FMV on date of receipts.

社割をoverする部分
団体生命保険のover proceeds $50K部分

Tip - amount, timing で変わる。
less 20/m -> 会社への報告義務なし
over $20/m - 社会保険税が絡む --> 会社への報告義務あり。翌月10日まで。
年末月で翌月10日までだと年度が変わっちゃう
12月のtipは、年度が変わる。

Unit 2-12.
総所得に入るもの

事業所得
個人事業主 --> Form 1040 Schedule C
S corp --> Schedule E
譲渡 --> Schedule D
rent --> Schedule E
前受家賃は受領した年の課税対象

Unit 2-13.

dividends

保険料:
予定率、予定死亡率、予定利率、etc → 掛け金を算出
予定と乖離した時(運用が予想以上好成績だった) → 非保険者に還元 = それはもともと保険者が出した掛け金=basis=非課税
※ basisを超えた分の還元は無論、課税対象になる

利子所得は基本、課税対象。但し、地方債の利子はfederalの課税対象外

interest on tax refunds
tax refund そのものは非課税。
税務署からrefund遅くなっちゃってごめんねの利子が付くことがある。その利子は課税対象

Unit 2-14.

alimony 離婚扶養手当

税法はアリモニーをどう捉えるか --> 所得の移転
元配偶者が生活困難な時に相手より補助が支払われる制度

paid in cash - 現物はNG
裁判の証憑があること
受け取る方が再婚してないこと

primary は child support, alimony は secondary。
child supportは payer のincomeに入る
alimonyは、payeeのincomeに入る --> payeeのincome total次第では税金が安い

cf. 税務署は alimonyに寄せさせたくない。alimonyはpayerから控除可能だから(払う側から税を取りたい)

Unit 2-15.
社会保障給付

所得の割合に応じて変わる=provisional income 暫定所得額
AGI + 非課利子所得 - 50% of social security benefits = Provisional income
over $60K --> 85% を総所得に入れる
less $25K --> 100% を総所得から控除

income in respect of a decedent
個人の未課税の遺産は誰かしらに課税される
e.g. もらう予定の給与を受け取る前に死んじゃった時とか。
死亡者も死亡日まで分の申告が必要=final return
受け取れんかった給与は死亡者の課税対象にならない。=本人は受け取れてないから。
--> 代わりに受け取った人の所得になる
# 相続税は絡んで来ないの??

Unit 2-16.
stock option

timing: grant, exercise(=buy), sale
どこで税金をかけるべきか - saleの時 → incentive stock option; ISO
保有期間が長ければ、long-term capital gainになる
ordinary income
short-term capital gain

nonqualified stock option
tax @grant, excl. option price, as ordinary income
tax on gain/loss @sold

price at grant = $70
option price: $50 --> 使われない。
price @sold = $100
tax on $30 (=100-70)

Unit 2-17.

賞金系も基本課税対象。
例外 - &&条件で4つ --> 本人が受け取らないケース
4th condition - the award/prize is paid directly to the organization from the payer.
受賞者ではなく、受賞者が支援している団体へ支払われる場合はexcludeされる
* 本人が受け取ってから支援する団体に譲渡する場合は、寄付金控除の対象(上限あり)になる

tax benefit rule

year x1
bad debt - 税金上引き算可能
year x2 に回収できちゃった場合は、再納税の必要あり --> 去年の申告を作り直すは面倒なので、year x2 のGIに入れる。

embezzled or other illegal income
gambling winnings
unemployment comensation
も課税対象。

米は雇用保険は会社負担
自分が払ってない=basisがゼロ=課税対象

Unit 3-1.
事業所得の計算

事業=毎日やってる。
Schedule C --> Form1040 に転記

Sales - CGS - OCI = GI (business income)
- Business expenses <-- 事業経費
= business income = Form 1040, page 1, line 12

Unit 3-2.
CGS

基本は低価法(LCM)。
FIFO、LIFOもOKやけど、LIFOの場合はF/SもLIFOであること。

uniform capitalization rule
FARでいうcost inclusion
過去3年のtotalが$1000万を超えない企業はcost inclusion OK --> inventoryを来年に持ち越せる。その分の税を先送りできる

Unit 3-3.
費用経費の控除要件
ordinary and necessary
reasonable
public policy

Unit 3-4.
宿泊費、飲食費、娯楽費等

宿は要証憑
over 70で要証憑
接待交際費の控除は50%まで - meals and entertainment - corporationも同じ

財務会計との違い (diff from book)
book $500 = tax $250 --> 調整表なるものがある。taxにはbookの50%だけ計上する。

ticketの控除も定価の50%まで
ゴルフとかのclub dueは控除対象外。実際には使わないかも知れないから

旅費も控除対象
SMR method; standard mileage rate method; 標準的にマイル当たりの控除率を適用させられる。地味に算出より楽。
cf. 54c/mile for business (2016)
ちなみに、for medicalとかもある

通勤費は控除不可。

Unit 3-5.
贈答

business gifts
max to $25/person
= 交際費やけど、50%までな縛りなし

Unit 3-6.
諸税、支払い利息

FUTA tax = 連邦失業税
フュータ タックス

前払い利息は発生主義

Unit 3-7.
事業経費の続き

貸倒損失 bad debts

Schedule C
Sale
- CGS
- expenses
= Business Income --> Form 1040 > l.12 Business income = avobe AGI = AGIより上で控除している
Form 1040 > l.37 AGI

特定減額法 specific charge-off method = 本当に貸し倒れた分のみ計上 @税法
※ 引当金方法は認められない = The reserve method / allowance method can not be used --> 財務と異なるトコロ
財務は保守主義 <--> 税法は確定決済主義

charge-off = write-off

発生主義 - 収益認識 @delivery
貸し倒れた場合 -> 納付できない = 担税力 -> bad debt にする
現金主義 - 貸し倒れる場合 -> 収益に計上されてなければ、bad debt への計上も不可

-> 発生主義と現金主義を平等にするため
コツ☆現金主義か否かを意識持って問題読むこと

非事業上の貸倒損失 non-business bad debt
e.g. 預金してた銀行が倒産した
-> short-term capital loss (期間に関係なく) - cf. Unit 6-3.

Unit 3-8.

エイカーズ という償却方法。アクセルを踏むように。加速度償却 = MACRS
↑ 時の不景気から投資心理を炙り出そうとした背景から。
↑ 更に奥の手、税率下げる。が、それでは税収が減る -> 税率をそのままにアクセルを緩めよう

リメイカーズ = アクセルを緩めような動きから。 = 現代の法則

メイカーズ - 二種類 : GDS と ADS -> GDS が大切

GDS:
車やPC - 耐用年数5年 -> DDB (double declining balance)
家具とか - 7年
不動産系(居住用) - 27.5年 - SLM; straight line method
非居住用不動産 - 39年 - SLM

Unit 3-9.

1年目と最後の年はもう一ひねり有り

動産の場合 - mid-year / half year convention
いつstartしてても半年分 cf. 一方、財務会計は月割り。
12月とかに始めた方が、1か月の使用より半年を控除できるから得
それに対する、税務のもう一手 -> 40%超えしてたら、mid-quarter convention を適用する
= mid-yearは使用せずに、各四半期毎に見てく。

不動産の場合 - mid-month convention

Unit 3-10.

Section 179 - 納税者に嬉しい規定
最初に費用化できるから。 但し、上限は年間50万まで。 && phase-out
pahse-out = 総額が一定 (2010K = 毎年変わる額) を超えると控除が超過分だけ減る

bonus depreciation

Unit 3-11.

減耗/無形資産

やりかた - 2つ
- cost depletion method =~ 生産高比例法
- percentage depletion method - 対総所得, 但し上限あり = 課税所得の一定割合まで

GI 250K
Exp. (150K)
= 100K (dep前のもの) の100% をoverしちゃダメ

試験研究費 - R&D - やりかた 2つ
- 発生時に費用化
- 60mo以上で償却

197で償却 = 15 years で償却

Unit 6-12.

Unit 6-13.
Net Operating Loss; NOL
税法上の赤字状態

carry back - 2 yr
carry forward - 20 yr

Unit 3-14.
At Risk Rule

Unit 3-16.
消極的活動

not materially participate --> passive acctivities
e.g. any rental activity, limited partnership

passive loss は passive incomeとしか相殺できない
但し、いつまでも繰越はできる
売却する場合は、他との相殺OK

Unit 4-2.
自営業者税
FICA; Federal Insurance COntribution Act
Schedule SE

Unit 4-3.

何が控除できるかがポイント
物と人の輸送代 - 控除OK
NG -> 食事, 人によって異なるようなもの

Unit 4-4.
退職年金の積立

積立の一定額を控除可能
但し、IRA or Keogh の場合のみ

tag : REG REG2 CPA USCPA

2017-03-08 00:28 : ├ REG : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

search

ad



counter


tag cloud

category cloud