FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

My work philosophy

Acknowledgement
Although there might be not many things could be referred to, but her request did gave me a good opportunity to think about my work philosophy. So, I appreciate S asking me that.

My goal
Vacation welcomed team

My philosophy
A good project
- removes all limitations for taking vacations
- shares everthing with team including opportunities

My policy
- never ba a salary thief, but don't be a volunteer either
- keep your eyes critical, and
- find a way to get two birds with one stone

My background
I used to work in New York and Tokyo, the two cities having different style to work. My philosophy has been built through that experience.

My view
In Japan, people more focus on their evaluation to their attitude. It makes them work longer even though no payment can be expected. Just like a volunteer. And, company allows people learning through a job since they think people will work for them till retirement, thus people assets growth is all depends on the company. As rare people learns by themselves if they don't have an idea to change a company. Many students learns nothing in university, they learn things in a company to be a professional. This is another aspect generating this society habit. Although it changs, that view still remains.

In United States, people focus on their private more. They are free to leave office due to a private no matter how big blocker it will be. Sometimes, some may look like salary thiefs. Also, people has to be professional to get hired. Job is not something for your learning but something you have provide value to get your pay. That's why they priority their private time more, so that they can have to learning and prefer to keep information or knowledge in private as their own assets. Also, it's quite normal to back to school for a different career.

There gap make their work attitude different. People doesn't have negative feeling to share information in Japan. On the other hand, you may loose your job or archievements to others by sharing information, and rare people will share it with you even though that makes progress worse.

My result
Both tendencies are not avoidable under their society, and I would take positive points from both.
- share information, knowledge
- and, put your private at first place
- as job should work for your private
- but not in a opposite way
- thus, you can keep your project running without weakening or stalling speed.
This the things that I want for teams.

スポンサーサイト
2018-11-10 09:11 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[节目] 世界青年说

## 20151001: 养老 - Would you send your parents to care house or let them be home with you ?

The important point is what they want. – time of 陪伴
What can make them happy
Face to face for 3 min without any words. – you will find sth.
Some care house can provide a society for them. Also, you might need your own time as well, especially if you are from a western country.


## 20151008: 古董男朋友 - would you remodel your 古董男朋友 or not?

时尚 needs 購買能力
相手の立場に一度立ってみるがよろし
強制して壊れる物があるなら一度立ち止まるべき


## 20151015: 方言 – Would you teach your child 方言?

少なければ少ない程良いのか?-誤解が減り争いも減る?返って争いが増える?
方言より標準語が勝ち組/成功への近道?―ドイツ:訛りでは就職に不利
何を盗まれても良い。ただ、言語を盗まれたらそれは最後だ、という言葉もある。
全ての言語が方言を始まりとする。

イタリア―方言が150ある。
タイ―北が女性的で南が男性的な口調
英国―北が早口で南はゆっくり話す。南が遅いと見下されるふしがある
カナダ―3割がフランス語。標識は二重表示だがフランス語の割合は減りつつある。英語は東がより英国訛り
オーストラリア―縮めれば良い。mosquito→mozzi
ドイツ―ベルリン訛りは野蛮とされる

青島@中国―語尾がrになる
四川@中国―靴子を孩子と発音する
中国人@イタリア=温州人
温州@中国―軍事使われた程の難易度の高い方言
広東語―擬音語が増えた。e.g. ピして、チンして

結論:方言は歴史と文化を背負うもの。大切にしたいところ


## 151022: 子を持つことこそ人類である意義か
中間子☓症
middle child syndrame
ロミジュリのロミオは名。ロミオのロミオは姓。名はmattio。天からの贈り物なる意味。
第二子を持つ時、第一子には誠実に正直にあれ。でなけば、第一子は疑心を抱くようになり悪循環を招く。
兄弟姉妹は天の贈り物。同時に、両親の他に思い合える人がいるという事。


## 151029: 早寝早起き健康生活か夜通し夜更かし娯楽通し、どっち?
健康生活あっての老後生活。
が、若かりし者のみが楽しめる時期もある。
動力の制限のある老後をたかが数年伸ばすが為に動力に制限のない若年時期を制限する必要なぞあるのか。
「開心就好」
結局、類友―いずれでも楽しく過ごせるもの


## 151105: 文系か理系か
# 黒木再登壇
就職に有利なのはやはり理系
優秀であればどちらでも関係ない
後悔しないのは好きな方を選ぶこと
一生のものとする必要もない。失敗を恐れなくて良い。
人生は長くもあるし短くもある。時の流れは誰一人として同じでない。
文理分けるのはアジアに多い
タイは文理科もある
制服は家庭の経済面を懸念した背景あり?
宿題文化の始まりはイタリアの学校での学生への罰

tag : 世界青年说

2017-06-11 21:20 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[東京物語] どこを向いても日進月歩 - 危機迫る明日の職探し

日雇い労働者は強いのかも知れない。
体力仕事であるもののその日の仕事を探すことを日常としているから。

物欲が火が付きカメラを調査してるとここ数年の進歩の目まぐるしさを見る
前回購入時に学習した用語は全て死語と化して、その穴を埋めるように初見の用語が次から次へと出て来る。
追い切れない。
四半世紀前には、カメラと言えばLeicaかNikonかCanonの黒カメラ。
次いで現れたのが使い捨てカメラ。それが精々。
それが今やコンデジにプラスして一眼レフの先を行くデジイチに、数年前に話題をさらったWi-FiSDメモリ対応機能もすっかりデフォルト機能。
一昔前までは解像度という言葉を知っていれば良かったのに、今はセンサーサイズなるものまで意識しなくてはならない。
一例を挙げるだけでも切りがない。
カメラの常識が止まる事なく進む。気が付けば、260度を一回のシャッターで撮影できちゃうのだからもう空いた口も塞がらない。
撮影したデータが瞬時に暗号化される日もそう遠くない。専門用語の消費期限の短さたるや、庶民に相手できる次元でない。

巷はAIに職を取られることを悲観しているが、事はもっと深刻かも。
カメラ一つ取っても日進月歩な状況で、心配すべきはAIに職を取られる以前にその職その物が無くなることだ。
今日自分が専門としている知識が明日には消費期限切れのガラクタと化す。
AIと職を奪い合う前に、存続する職の捜索からせねばならない。

職探しなぞ人生で一回やれば済むと社会に教えられてきたユトリ世代には笑えない事態だ。
職探しも自己分析も自己PRも大の苦手なんだから
対し、日雇い労働者は事無く苦悩あれどそれを日常としている点は強い。

tag : 東京物語

2017-03-22 15:39 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[東京物語] 都会人ならではの要らぬ瞑想

​パンダ特別保護区で日々唯々只管にパンダを世話をしている人、の特集を観た。正しくは、パンダと取り巻く人の特集かも。そこでは、パンダも日々唯々只管に今を生きている。誰一人、どれ一匹として老後を考えてる者なんかいない。

​一方で都会に目を向けると、老後を案じて悶々と思考を巡らしているのは私だけではない筈だし、少なくない筈。両者の違いは、その者を取り巻く要素の多さなのかも

パンダの世界では、何をしようなど悩むほど選択肢がない。身近の世界が実に身近で見える。対し、大都会に行くほど選択肢は無限。数多過ぎて何も身近に感じない。それは何も知らないからだ。

かつての欧州は、今も限定した地域ではきっとマイスターな文化が残ってる。15そこらな子供が将来の道を決めるなんて無茶ぶりも甚だしいと思っていたがそうではないのかも知れない。
今や都会の大半を占める会社員。営業職だったり企画職だったり管理職だったり製造部門だったりと配属は様々だが共通しているのは子供から見えない世界であることだ。マイスターが今も残る地では、子供は親の仕事ぶりを見ることができる環境にいるのではなかろうか。それで、親の職業を身近に感じ、親身を覚え、ゆくゆくはそれを目指す。非常に自然である。自ずと家業が引き継がれて伝統ができる。かつての日本だってそうだ。選択肢が限られていることの幸せ。世界が限られていることの幸せ。

東京にはありとあらゆる物が溢れている。選択肢も溢れている。まずは、どんな選択肢があるのかを模索し、見つかると今度は自分の手で握れるものかを測らなければならない。そんな方法なんて義務教育で教わっていない世代たちは、そのステップがあることすら気付かずに会社員になる。親が会社員だからという理由だけで。ある意味、伝統を引き継いでいる。

それが永遠と続くものなら結構。しかし、そうではない。何もかも欧米化を目論む日本国は、そんな庶民なぞお構いなく良し悪しの判断を疎かに見切り発車で続々と輸入を続ける。どっちみちピラミッドな終身雇用は崩壊間近だけど、完全ある実力主義、手に職主義がそこまで来ている。今現在、単なる会社員している人が会社から弾き飛ばされるのは時間の問題。その人が社会からも弾き飛ばされない為にできることは何か?

tag : 東京物語

2017-03-22 02:06 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[東京物語] ハイコンテキスト文化からローコンテキスト文化への変化の時

​日本が​ハイコンテキスト文化で、それに対し米州はローコンテキスト文化だと言われる。ハイコンテキスト文化とは、いわゆる空気で会話する文化で、ローコンテキスト文化は何でもはっきりと言う文化。日本は生活様式のみならずコミュニケーションに於いても欧米化​の波に乗ってローコンテキストへのシフトしつつある気がする。​いずれは、完全にローコンテキストになるのだろう。​

ローコンテキスト文化の代表と言えば米国だろう。米国は好き好んでローコンテキストなのではなく、人種のるつぼでの生存術として人々に浸透したものだ。まったく背景の異なる人間に敵視されない為にはっきりと自分は敵ではないこと言い伝える必要があったのだ。
対し、日本がハイコンテキストで意思疎通ができたのは鎖国のお陰。とうに開国しつつも実質は鎖国同然だったお陰。祖父母も祖祖父母も皆同じ空気吸って同じような人生を送って来たから意外な思想に出合うことが極めて少ない。阿をいえば吽が伝わるのだ。

しかし、そんな日本も変化の真っ最中だ。それも、ローコンテキストへの変化。海外に対する偏見の少ない国民が成人するに連れて、情報がネットを介してますます流動的に流れ込むに連れて、低賃金労働者を国外より招き入れるに連れて着実に開国してきている。​状況はかつての米国近づくばかり。街中を歩いていても背格好や身なりが明らかに違う人とすれ違うことが劇的に増えている。ローコンテキストへのシフトは止められる波じゃない。

では、そのローコンテキスト​へのシフトは評価されるべきものなのか、それとも想定される事態に備えて策を講じるべきものなのか?

tag : 東京物語

2017-03-22 01:42 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[千石物語] 責任取ることを知らぬ上司は単なるお飾り上司

上層部に支払われる高額報酬は彼らがとるべき責任に支払われる物
責任逃れして報酬だけ得ようとは虫が良すぎる
しかし、それが今や当たり前の上層部。
腐ってる。

価値観は利害関係のない間柄で共有される
確かかも。
自分の利益しか念頭にない上層部と歩み寄れる気がしない。
そんな必要も求められてないけど。

tag : 千石物語

2016-07-01 16:49 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[千石物語] 上に立とう者のあるべき姿

上に立てる人は下にいてくれる人がいる人
敬意払えない相手に下に居続けようと思うほど近頃のゆとりは心広くない

では、そんなユトリが敬意払える人間性とは何か。


このプロジェクトには5種類の人間が居る。
多分どのプロジェクトにもこの5種類の人間が居る。

A 小川信二
理解力は長けているもののプロジェクト推進の為に無理な注文もしばしば
さすがにピラミッドの下の苦悩までは見てられないと言った感じ

B 小金井えみ
自己中気ままゆとりタイプ
チームメンバーの為とプロジェクトの為には力注ぐが
ダメ人間には決して靡かず真っ向から食って掛かる
クビ上等。怖いもの知らず。
仕事は暇潰しに楽しむものでなければならない考え

C 香川輝彦
責務全う健全タイプ
千石物語でいう香川輝彦。チームリーダー
至極真っ当。理不尽な天から頓珍漢注文を噛み砕きつつ
プロジェクトの為に身を粉にする献身ぷり
かといってをそれをチームメンバーに強要することなく、
メンバーのモチベーションも勘案できる人。

D 長山隆
自分の地位しか考えられないタイプ
千石物語でいう長山隆。肩書部長。
ゆわゆるダメダメヒラメ。
上から言われたことをそのまま下に流すだけ
その中身が理不尽でも無意味で非効率でも彼には理解できない
タスクも責任も華麗に彼を通り過ぎる。
その下にいる者は彼の駒でしかなく評価されるだなぞ夢のまた夢
彼が食い止めるのは自身への給与のみ
下に支払われるべきであろう報酬も見事な手さばき彼の懐に吸い上げられる
一言で言えばダメ上層部を証明する出世上手
言い換えるならば有能な部下を社内に放出させる転職業界の回し者。

E 神崎ナル男
もうアホとしか表現できない。
正論を言うがその正論で通用するプロジェクトが存在するのかと問いたい
自分を天才だと勘違いしている
人間性もセンスもただただ残念極まりない
協力会社も顧客を相手選ばず怒鳴り散らす。
が、根源は奴自身の説明力の低さ。


ゆとりが敬意/共感を抱けるのはBとC
Aはまだ利己的でないだけまだ受け入れられる
DとEに関しては抹消したい

ゆとり世代、自身が利己的でも他人の利己主義を許しません。
上に立つ者、下にいる者を見えなきゃ資格なし


さて、
そんな?と?がいる環境を平穏に生きるには

1)接触を最少にする。
  奴らが欲しがりそうな情報はまとめておく
2)ボールが行かないようにする
  Aを有用に使うべし

tag : 千石物語

2016-07-01 16:42 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[考察] 靖国参拝より優先されるべきモノがあるのでは?

靖国参拝を推奨する気も反対する気もない
ただ、するにもしないにもやり方があると思うのだよね

納豆大嫌いやけど 仲良くなりたい人が納豆食べ始めても止めたりしないし
チョコ大好きだけど チョコ嫌いな人にはチョコを贈ったりなんかしない

靖国参拝するのは結構
ただそれで気分を害される人に当て付けるように参拝するのは間違ってる
人間の最低限の良識に欠いてる
ましてや良好な関係を築きたい相手にその行為は浅はかも甚だしい

ニュースで取り立たされる靖国参拝、私には政治家の下らない意地に見える
集団での参拝には想いでなく悪意しか感じられないから
2013-04-24 22:17 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[考察] 日本企業の社員のやる気は世界最下位

社員のやる気(従業員エンゲージメント)に関する調査報告(※)がある。
結果は以下の通り

//------------------
1位 インド 77%
2位 デンマーク 67%
3位 メキシコ 63%
5位 アメリカ 59%
-位 中国 57%
-位 ブラジル 55%
-位 ロシア 48%
-位 韓国 40%
-位 日本 31%
------------------//

中国を下回る最下位とは驚いたがやる気が低いという調査結果には驚かない。
現状に不満は持ちつつも生活水準は平均以上であることには満足して会社に貢献しようと思わない
昭和末の不景気育ちから無駄な期待も労力も掛けない世代が今の社会の大半を占めているように思う。

一方、
インド式経営の中心的概念には「ホリスティック・エンゲージメント」があり、
これが社員のやる気に一因にあるという。結果として、そのやる気がインド経済の成長を支えているという。
ホリスティック・エンゲージメントは、社会、企業、個人の価値観が相互関係を保たせるもののように取れる。

日本は自社に視線戻すと、
企業の理念が経営者の言葉となっているかは別としても、社員がそれに共感を抱けているのか疑問が残る。以前以上に一方的に感じることも少なくない。
確かに感じるのは、その理念を元としたのか不明な上部からのアナウンスに共感持てている社員が多くないことだ。

マズローの欲求段階説
日本経済の急成長の末、生活水準が著しく上がった。
マズローの欲求段階説で言えば自我も欲求や自己実現の領域である。
一方、会社は未だ社員の生理的欲求や安全の欲求を満たすことで満足している。
会社と社員で焦点が違って来ているのだ。
会社で欲求が満たされないとなれば、やる気が損なわれるのも不思議ない。

ダイヤモンドオンラインの記事では、
まず経営者自身の価値観と企業の価値観をエンゲージメントした上で、社員の価値観をエンゲージメントさせるべきだとある。
確かなのかも知れない。大きい会社で如何にそれを成すかはもはや素人の想像の域でない。

もはや期待もしない不景気世代に続くやわやわなゆとり世代。
日本企業が如何にハンドリングするか見ものだ。


と閉めつつ、
インドや中国はマズロー説ではどこに位置しているんだろう?
アメリカなど、間違いなく自我や実実現の域なのに上位に君臨しているのはやはり会社にその変化に適応したということなのだろうか?
それとも、アメリカも広く地域的分布が調査結果に影響しているのだろうか?
KENEXAのフルレポートを読みたいが個人情報を差し上げるのは気が引ける


※アメリカの人事コンサルティング会社KeneXa High Performance Institute調べ
 28か国、社員100名以上の企業のフルタイム従業員3万3000人を対象にアンケート

ref:
世界でダントツ最下位!日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?
http://diamond.jp/articles/-/30488
GLOBAL SURVEY FAST TRACKS EMPLOYEE ENGAGEMENT TO TOP OF THE BUSINESS AGENDA
http://www.gettheworldmoving.fr/blog/employee-engagement-on-the-business-agenda
The Many Contexts of Employee Engagement, KENEXA
http://khpi.com/Current-R-D/WorkTrends/Context-EE
2013-01-15 22:19 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[考察] K-POP C-POP J-POP を比較してみる



政治はドロドロ過ぎてムリ
金融は面白いが広域過ぎて 狭く浅くしかかじれない
そういった業界に従事している人はすごいと思うけど
それよりもショービジネスの方がこの世に欠いて欲しくないもの思える今日この頃

政治も金融も不可欠なんだろうとは思うが
いずれもダイレクトに人を楽しませるものではない
純粋に人の幸せを増幅させるものではない
どちらかと言えば個人が如何に個人の利益を増幅できるかを競うフィールド
一方ショービジネスは人を楽しませてなんぼ
その見返りが後から収益となって返ってくる
正に憧れの仕組み

企業レベルに落とせば例外も山盛りだろうし
ショービジネスも裏はドロドロ祭りでも驚かない
でも結果として表向きだけでも「直に人の幸せを増幅させる業界」に憧れる

きっかけがK-POP
実にクオリティが高い

C-POPはピンが多い
音楽性を勝負してる印象を受ける
実際の音楽性の良し悪しは別にして

J-POPはバンドとか多いが仲良しごっこぽい
音楽性が高くても本人たちが自己満が少々先走る

一方、K-POPは綺麗に仕組まれてる
ユニットはいずれもエンタメ性を大いに感じる
比較するならジャニーズが似たポジションかも
知れないが世界が余りに閉じられてる
何かといえば肖像権しょうぞうけんショウゾウケン
その徹底ぶりが利益追求に見え嫌悪感すら抱くくらい
企業存続のためにはあまりにも当たり前過ぎる心理で微塵も否定する気はないし
K-POPも同様なアクションを取っているんだろうけど
依然、画像も動画も出回ってればオフィシャルに出してるものも多い
収益を漏らさないというより
あえて漏らしてより多くの収益に繋げている
ような気がする
そして後者のが賢い
ような気がする
後追いの足を引っ張る者より先行く自身の加速に重みを置く者の方がかっこ良く見えるのと同じ理屈

何よりやはりクオリティが高い
それが売るためよりもエンタメ性を追求してる故に思えるのだ
人を魅了する鍵がそこにある気がするのだ
事実はどうあれ、SHINeeの楽しそうに絡んでる様に笑顔を溢してはそう思う一個人がいる


tag:
K-POP C-POP J-POP SHINee SMTown World Tour III in Seoul

tag : K-POP C-POP J-POP SHINee SMTown World Tour III in Seoul

2012-12-22 16:35 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

[考察] 陰なしに光は見えない

Happy過ぎると不安なる
人生は総じてゼロになるようになってると信じてるから
Happyな分 unhappyが今や今やと訪れる気する

しかし
一方で名は体を表すともいう
そうであれば 私にunhappyが訪れることなぞない

がしかし
そうやとして それもそれでいかがなものか?

名が一般哲学論?に勝ったとしても
陰なしに光は感じることはやはり出来ない
とすると
やはりunhappyもきちんと迎えておかないとhappyを素通りしちゃう

振り出し戻って
やはり不安に感じて妥当ゆうことなるんか?
2012-03-24 00:19 : 考察 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

search

ad



counter


tag cloud

category cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。